無料ブログはココログ

Categories

  • アニメ・コミック
  • グルメ・クッキング
  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • ペット
  • 千代田区
  • 学問・資格
  • 心と体
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 経済・政治・国際
  • 芸能・アイドル
  • 趣味
  • 韓国
  • 音楽

October 06, 2016

Using python and cx_Oracle , 'ORA-24315: illegal attribute type'

Using python and  cx_Oracle ,   'ORA-24315: illegal attribute type' Ya! Please checking OCI Version and cx_Oracle Version. NG Environment Windows7 (32bit) + Oracle Client 10.2.0.5 (32bit) Python2.7 (32bit) cx_Oracle-5.2.1-11g.win32-py2.7.exe DB Server  : Oracle 11g XE. You should use same version...

» Continue reading

python で cx_Oracle 使ったときの ORA-24315: illegal attribute type の対応

python で cx_Oracle を使ったら ORA-24315: ille...

» Continue reading

September 16, 2016

ORA-12154: TNS:could not resolve the connect identifier specified

ORA-12154: TNS:could not resolve the connect identifier specified

いやぁ、これに悩まされました。

tnsnames 間違ってないし、
SQLPLUS で接続できるし。

環境は VB 2005
Oracle のクライアントが複数というか、ODP.NET 別途インストールしたあとがある。

長いこと使っているマシンなので
もう、ごちゃごちゃ。
やってはいけないことをやってしまった感じ。

結局、VB で参照設定した先の
Oracle.DataAccess.Dll が正しく動作しない環境のものだった。

正常動作するのは 10gのころの 1.102.5.0

動かないのに
2.112.4 とか 4.112.4 も入っている。

.NET Framework 2.0とか4.0のために入れたのかも。

» Continue reading

September 15, 2016

VB 2005(Visual Studio 2005)でデータセットデザイナが重い。(遅い)

VB 2005(Visual Studio 2005)でデータセットデザイナが重...

» Continue reading

September 03, 2016

LMF501T,LA1050,TA7642,UTC7642

LMF501T, LA1050, TA7642, UTC7642 を持っているのですが、
比較したことは無かったので、今回ちょっとばかり試したことを書くことにしました。

●結論的に言うと、

感度、選択度と価格、入手性という面からは、LA1050かなと思います。
入手も今のところ aitendo で100円ということで。
http://www.aitendo.com/product/1527

実験的にとか、もっと安くと言う事でしたら、
TA7642 になるかと思います。aitendo で1個20円

LMF501は200円ぐらいで売ってたりします。

2016/09/02時点です。

●試した感じ

以下は個人の感想ですし、個体差などは考慮していません。
ノイズは LMF501Tが一番少ないように感じます。

ただ、感度としては LA1050の方が勝っているように思います。
我が家で、文化放送は聞こえづらいのですが、LA1050なら何とか。
LMF501Tでも聞こえるのですが、かなり集中力が必要です。

選択度的にはLA1050とLMF501Tでは大差なし。
取り替えても、ほぼ同じ周波数を受信してました。

正直言ってUTC7642はこの中では選択する理由が見つかりません。

価格なら、TA7642を選ぶ方が良いです。
買ってしまったなら、使えないことは内ので何かの実験にでも。

●回路

自作ループアンテナ
同調部分は一次巻き線とポリバリコンとして、
ICとの接続は2次巻き線としました。

LMF501TもLA1050も同じです。

●その他

LA1050で唯一困ることは、
aitendo で買ったやつは、字が読めないこと。
印字されているように見えないので、
後日、何かわからなくなります。

ゲルマニウムラジオがあれば、IC, 抵抗2つ、コンデンサ3個、電池ケース

改造可能です。

» Continue reading

August 14, 2016

自作ラジオで聞こえない時。(ゲルマニウムラジオ)

時々、1〜2石のラジオの記事を書いてますが、 検索で見てくださる方がいらっしゃる...

» Continue reading

July 02, 2016

自動車サウナに入りました

日ごろサウナにいくことはないんです。 今日は少しウォーキング・ジョギングしたけど...

» Continue reading

March 10, 2016

パスタ(スパゲティ)を火を止めて茹でるやり方で失敗するワケ

・失敗したことないですか? 特定の個人や特定のページを目の敵にするつもりはありま...

» Continue reading

February 18, 2016

J211_D74Z を使った FET ラジオ

みなさん、こんにちは。

毎回文体が変わるブログです。

少し前から、秋葉原の秋月電子で 2SK241 が在庫切れになっています。
なにか、代わりになるものは無いかと物色してますが、無いですね。

懲りずに、J211_D74Z と FB256B をいくつか買ってみました。
使う宛も無いのにです。

せっかくだからラジオにしてみました。

20160218j211radio

» Continue reading

February 16, 2016

魚堂の回路図エディタ BSch3v が LinuxBean で動いた。

  • 回路図エディタを使いたかった。

トランジスタラジオやICアンプの回路を書くのには
回路図エディタを使いたかった。

Windows なら 水魚堂の回路図エディタ BSch3V 。

で、最近 LinuxBean をメインに使っているので、
どんなソフトがあるんだろうと思った。

ふと
Wine で動くんじゃね?
と思った。

  • ダウンロード

まずはこちらのページを見た。
http://www.suigyodo.com/online/schsoft.htm

「Windows専用のBSch3V」と書かれていた。

パッケージ最新版のダウンロード

BSch3Vパッケージ140821版 インストールせずに使えるランタイムライブラリ付き(bs3vp140821rtllocal.zip  4,691,397 bytes)のダウンロード   2014/08/22
をダウンロードした。

  • 展開とコピー

zip ファイルなので展開した。

LinuxBean(12.04) のファイルマネージャはデフォルトの
PCManFM 0.9.10
を使っているので、[ツール]-[rootユーザで現在のフォルダを開く]
として
展開したフォルダをコピーして
/opt
の下に貼り付けた。

※どこが適切なのかはよく分かっていません。
 それと、コピーでなく移動でいいはず。

  • Wineに浸ける

「LinuxBean Wine 簡単インストール」
を開いた。

画面に「このウィンドウにexeをドロップした後、OKを押してみてください」
と出た。

ファイルマネージャから bsch3v.exe
をWine簡単インストールのウィンドウに
ドロップした。

OKを押すと(もしかしたら押さなくても?)、デスクトップに
BSch3Vのアイコンができた。

とりあえず、これで動作した。

» Continue reading

«HT82V739 トラブル